相続人と遺贈

相続

・遺贈とは
遺産相続とは相続人が故人の財産を引き継ぐ手続きとなりますから、基本的には相続人たちで財産を分け合えると思えますよね。
しかし場合によっては相続人以外の方が財産を一部取得する場合もあります。
それは相続時には遺贈が同時に行われることもあるためです。
このようなこともあるとは相続人になる方は確認しておくといいでしょう。

遺贈とは何かというと、遺言により特定の相手へと遺産分けをすること。
故人が生前にお世話になった方や、非常に親しくしていた方などが相続人でない場合、そのままでは遺産分けができません。
相続人ではないその方たちにも遺産分けしたいなら遺言を残す必要があります。
故人の遺志は尊重され、遺言がある場合はそちらが優先されますから、きちんと遺言を残しておけば相続人以外にも遺産分けができるのです。
このような方法で相続人以外の方にも遺産分けをすることを遺贈といいます。

・遺贈があるときの相続
相続人にとって知っておきたいのは、遺贈することを故人が遺言書で希望している場合、相続人以外の方が財産を取得することです。
遺贈のことを知らないと相続人以外の第三者が財産を受け取ることは納得しづらいかもしれませんが、故人が遺言書でその希望を示した場合はこのようなこともよく行われるのだと確認しておきましょう。

このときに相続人が受け取れる財産ですが、まずは遺贈する財産が決まっている場合、その財産はもうその方に譲るとして、その財産を除いた残りの遺産を相続人でどう分けるかを決めます。
それについても遺言書で指定されている場合はその通りに分割してもいいですが、相続人の全員がそれに反対する場合は、相続人同士で分割協議を行い、任意の方法で分割してもOKです。

遺贈する財産は特に決まっておらず、遺産全体の何割といった形で指定されているなら、遺贈を受ける方も含めて遺産分割協議を行い、誰が何を相続するのかを決めます。
このときは財産の種類については指定されていませんから、相続人の方も自分が欲しい遺産を受け取れる可能性があります。
このように遺贈の方法によってどのような相続になるか少し変わりますから、それぞれのケースごとに対応してください。

・遺贈は遺言書の有効性をまず確認
遺贈は遺言書でその希望を示すわけですが、遺言書とはどんなものでも有効なのではありません。
たとえば署名や捺印のないものは無効です。
仮に故人が遺言書を作っていてもそれが無効なものだった場合、それに書かれている内容を実行する必要はありませんから、遺贈も特に応じなくてOKとなります。
相続人はこの点もよく確認しておくといいでしょう。